女性作業員

迫る危機から逃れよう|ハチの巣を駆除する時は形状や色で見抜け

二度と侵入させない

作業員

ゴキブリの天敵といわれている虫の1つにムカデがいます。ムカデは足の多い虫で、普段は土のあるところに住んでいますが、ゴキブリや他の害虫を捕食するために民家に入り込んでくることもあるのです。今現在日本では130種類ほどのムカデが生息しており、なかでも有名なのがトビズオオムカデというものです。このトビズオオムカデは日本全国に生息していて、南のほうでは約20センチを超える大型のものも発見されています。どのムカデも暗くて湿り気のある場所を好む性質があり、レンガの下やプランターの近く、床下などに潜むことが多いです。ムカデは目が退化していて、触れたものに反射的に噛みつくという習性があるのです。そのため、ガーデニングのときや死体だと思って触れて噛まれることがあります。そんなムカデに噛まれてしまうと毒で腫れてしまうので、見つけたらむやみに触らずムカデ駆除業者を呼ぶようにしましょう。ムカデ駆除業者はまず、専用のスプレーでムカデを駆除してくれるでしょう。しかし、それだけで終わってしまうと、また別のムカデの侵入を許してしまいます。そこで、どこから侵入してきたのかどうしたらいいのかをしっかりと聞くのが大切なのです。ムカデ駆除業者なら、ムカデの侵入経路を見つけることもできますし、また、再度侵入されないように対策を行なうこともできるでしょう。忌避剤を家の周りに散布してくれるというところもあるようです。寝ている間に侵入されたり被害にあったりしないためにもムカデ駆除業者にしっかり対策をしてもらいましょう。